パセリ.com

パセリの栄養、パセリの効能、パセリのレシピなど。パセリがもっと好きになる! パセリはもう残さない! パセリに関する情報が満載!

パセリの保存方法

   

パセリの保存は、野菜室での冷蔵がむいています。

そのままの状態で、新聞紙にくるみ、

ポリ袋などに入れておきます。

2,3日で使い切るのが目安です。

 

また、パセリを長期保存する場合には、

乾燥させる方法や、冷凍させる方法を利用します。

どちらも簡単で、あつかいやすい保存方法です。

ぜひ活用してください。

 


 

乾燥パセリ

  1. 洗ったパセリを葉の部分だけ摘みます。
  2. 1をクッキングペーパーなどでおさえて、水分を取ります。
  3. 2のパセリを皿にのせ、ラップなしでレンジにかけます。
  4. パセリのようすを見ながら、パリッとなるまでレンジで加熱します。
  5. 加熱後、水分の抜けたパセリをポリ袋などに入れてもみます。
  6. 好みの細かさにしたら、密閉容器に入れて保存します。

 

 


 

冷凍パセリ

  1. 洗ったパセリを葉の部分だけ摘みます。
  2. 1をクッキングペーパーなどでおさえて、水分を取ります。
  3. フリーザーパックなどに入れて、袋が膨らんだ状態で冷凍します。
  4. 全体が凍ったら、袋の上からもんで、パセリを細かくします。
  5. 好みの細かさにしたら、袋の空気を抜いて冷凍保存します。

 

 

※どちらもパセリの茎が残ってしまいますが、

残った茎は冷凍しておいて、ブーケガルニに使います。

ブーケガルニとは香草の束のことです。

ローリエ(別名:月桂樹、ベイリーブス)、タイムを中心に、

パセリやセロリなどを加えたものが基本のブーケガルニです。

 - パセリの保存方法